サフランは、パエリア、ブイヤベース、サフランライス等のヨーロッパ料理に用いられる香辛料として広く認知されていますが、国内では約半数のサフランが外国から輸入されたものであり、国産のサフランがあることは、あまり知られていません。
二色カレー(サフランライス) 善米食堂
*写真は、善米食堂の二色カレー(サフランライス)

その中でも、竹田サフランは日本一の生産量を占め、世界的にも珍しい室内で花を咲かせて栽培する方法が行われ収穫されています。
室内で栽培されるサフラン

国内では雨が降ることも多いため、畑で開花させると収穫量が減る可能性もあるため、国内で栽培する方法として気候に適しています。そして、畑で栽培するよりも、サフランの花を収穫するのに効率的で気候にも影響されてないため、竹田サフランでは主流となっています。

また、竹田サフランには、外国産と比較して有効成分が数倍も含まれており海外でも品質の高さが認知されています。

和らびスタッフのサフラン日誌